ネット生活を快適に

【最新版!】Windows10のメモリをクリーンアップしてディスク記憶領域を確保する方法

こんにちは。山ばりゅです。

今回は、Windows10で、パソコンのディスクをクリーンアップして記憶領域を確保する方法の最新版をご紹介したいと思います。ではでは今回も最後までお付き合いいただければと思います。

超簡単!Windows10でメモリディスクをクリーンアップして容量を確保する方法 最新版

パソコンを日々使っていると、どうしても色んなデータが蓄積されていって、動作スペックなどが落ちてしまったりしますよね。そんな時はディスクをクリーンアップすると、動作効率が改善されることがよくあるんです。

ディスクをクリーンアップしてメモリ容量を確保する方法はいくつかあるのですが、主にメモリ容量を食っているのが、インストールしたアプリやパソコンに一時的に格納されている一時ファイルデータ。

インストールしたアプリや機能で使わなくなったものを削除して容量を確保する方法はこちらの記事で詳しくご紹介しておりますので、こちらも合わせてご覧いただけましたらと思います。

あなたのPC、息切れしてません??アプリを見直してPCの負担を軽くしよう Windows10

こんにちは(^^♪山ばりゅです。 PCの処理速度が遅くなると、急いでる時って結構イライラしますよね。いつまでクルクル回っとるねん( ゚Д゚)って感じで。PCの処理速度が落ちる原因は色々とあるのですが、 ...

続きを見る

では、今回はもう一つ容量をガツガツ食っている一時ファイルを削除してデータ容量を確保する方法についてご説明していきましょう。

一時ファイルのコンテンツを選んでディスクをクリーンアップするための手順

まず、タスクバーの一番左端にあるWindowsアイコンをクリックし、次に歯車のアイコン、設定をクリックします。

すると設定ウィンドウが起動しますので、表示されている各候補の中から「システム」をクリックします。

次に左のサイドバーにある、「記憶域」をクリック

次に表示された記憶域設定画面の上部にある、「一時ファイル」をクリックします。

すると一定時間ディスクをスキャンしてくれて、削除できるデータの候補を挙げてくれます。スキャンが終わると容量を圧迫しているデータから順番に羅列してくれるのですが、私の場合は、「以前のWindowsのインストール」と「システムエラーのメモリダンプファイル」がちょっと群を抜いて多い状況です。

スキャンが終わると、デフォルトで、削除推奨のデータは予めチェックボックスにチェックを入れてくれているので、基本はその通り削除するのがいいのですが、「システムエラーのダンプファイル」って削除してしまっていいの?

って不安になってしまいますよね。

では、いい機会なので

  • 以前のWindowsのインストール
  • システムエラーのメモリダンプファイル

とは一体どんなものなのか、削除してしまって問題ないかについて触れておきたいと思います。

以前のWindowsのインストールとは

以前のWindowsのインストールとはWindowsがアップデートされた際に万が一不具合が起きてしまった時のために、保険として前のバージョンに戻せるよう、バックアップを取ってそれを保存しているモノです。

これについては、約1カ月後に自動削除されるのでメモリ容量に余力があれば、放っておいてもいいんですが、容量がほとんどないって場合は、ファイルデータ的に結構なデータ容量になることが多く、今回の私の場合においても30GB以上の容量を使っています。

なので、これを削除すればかなりの容量が確保できるのですが、万が一何かアップデートで不具合が起きていた時に、このデータを削除してしまった後では元に戻せなくなってしまうっていうリスクが生じるんですね。

なので、特別容量がひっ迫しているということでなければ、自動削除されるのを待った方が無難かなと思います。

システムエラーのメモリダンプファイルとは

これはメモリ上のデータを蓄積したファイルで、エラーや不具合が起きた時になぜそれが起きたか、このデータを追っていけばその原因が掴めるものなのですが、それをするには熟練したプログラマーさん並みの知識が必要となります。

なので、私たちのような一般市民が持っていても宝の持ち腐れというもの。そんなわけで今回私は削除することにします。

では、手順に戻りましょう。

削除したい一時ファイルを選択し終わったらファイルの削除をクリック

では、そのほかに削除したいデータがあれば、チェックマークを入れファイルの選択が終われば、「ファイルの削除」をクリックし、データを削除しましょう。これで一時ファイルをクリーンアップしてデータを確保する手順は終了です。

お疲れさまでした。

一時ファイルを手動でクリーンアップする前の注意点

クリーンアップする一時ファイルを手動で選ぶときの注意点として、削除することによって検索実行時のデータの読み込みが少し遅くなったり、「Windowsアップグレードログファイル」のようにファイルによっては、不都合が生じる可能性のものもあります。

ですので、クリーンアップを実行する前に各項目の文面をお読みいただき、ご自身の作業やパソコンの操作性に支障が出にくいものから優先してクリーンアップすることをおススメします。

ちなみにゴミ箱フォルダはデフォルトでチェックマークが入っていません。これは万が一必要なデータを誤ってゴミ箱フォルダに入れてしまっていた際に削除されてしまうのを防ぐためのもので、ゴミ箱フォルダのデータを削除する際にはその前に必要なデータが入ってしまっていないか、今一度ゴミ箱フォルダを確認しておくことをおススメいたします。

最後に

いかがだったでしょう。Windows10で、パソコンのディスクをクリーンアップして記憶領域を確保する方法の最新版についてご紹介させていただきました。

まぁ、ディスク容量がいよいよ少なくなってこない限りは、そんなに目に見えて動作が遅くなるということはあまりないですし、今のパソコンは昔と違ってディスク容量もかなり大容量になっているので、少々ディスク容量を使ったからといって、そうそうパソコンの動作性がダウンすることはないですが、最近少しパソコンが遅くなったな・・・。

なんて感じた時は、一度一時ファイルなどでディスク容量が圧迫されていないか、ストレージを確認してみることをおススメします。

今回の記事があなたのネットライフ向上のお役に立てれば幸いです。ではでは、今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

記事が役に立ったらクリックプリーズ(^^♪

おススメの記事

-ネット生活を快適に
-,

Copyright© 山ばりゅのウェブコンビニ , 2021 All Rights Reserved.