アフィリエイトノウハウ Googleツール設定や使い方など

WPXユーザー必見!超簡単!FFFTPを使ったads.txtのアップロード方法

更新日:

こんにちは。山ばりゅです。

今回は、FFFTPを使って「ads.txt」をアップロードする方法をWPXに特化してバシッと分かりやすくご紹介したいと思います。

こちら、グーグルアドセンスを利用していれば、特に重要なコンテンツとなります。ただ、やり方は超簡単ですので、是非今回も最後までお付き合いいただければと思います。

public htmlフォルダがFFFTPになくて焦っているアナタへ! WPXでFFFTPを使って「ads.txt」をサクッとアップロードする方法

いや~・・・遂にきましたよ。私のところにもGoogle大王からの赤い警告、

「要注意: ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。 収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」

が。

ところで「ads.txt」とは??

「ads.txt」テキストって聴きなれないファイル名なんで、まず「ads.txt」が何なのか。

というところを簡単にご説明させていただくと、ads.txtはアズテキストファイルというもので、拡張子でお分かりの通り、テキストファイルになります。

このテキストがプログラムに組み込まれていることで、自分のサイトが○○という広告会社に対して広告を出す許可を承認していますよ。

っていうことが証明されるんですね。

これを設置する理由は、悪意のあるサイトの一つ。いわゆる勝手にコンテンツを盗み自身のサイトに掲載するなりすましサイトへの間違った広告掲載を防ぐためにあります。

ですので、上記のGoogle大王の警告文をかみ砕いて説明すると、

「アンタんとこのブログ、ウチが広告出す承認してくれてないけど、これってウチの広告必要ないってことでいいのかな?あ、そう。おたく、ひょっとしてなりすましサイト??ならウチからの広告配信止めちゃうよ??(`・ω・´)

ってことなんです。

いや・・・私めはれっきとしたこのサイトの運営者でして(T▽T)ヒエ~

でも、これは友人でブロガーのNickさんが、先に先駆者として死闘を繰り広げた様子をアップしてくれてたので、私めは姑息にも、その記事を参考にさせていただきつつ、サクッと終わらせようと思って、いそいそと自分の「FFFTP」を起動させてみると、ちょっと困ったことが・・・

FFFTPに「public html」がないんですよね。

実は、これはWPXのFTP接続先フォルダの設定に原因があるんです。

WPXのデフォルト設定では、初期フォルダが「public html」設定されていない

WPXでは、FFFTPなどのFTPソフトからサーバーにアクセスする場合、アクセスする初期フォルダが設定されているんですが、これがデフォルトの状態では「public html」の1つ下の階層フォルダである「/wp-content」に設定されているんです。

「ads.txt」はサイトの直下である階層、つまり「public html」フォルダ内に設置が必須なので、WPXの設定を変更する必要があります。

では、私たちWPXユーザーがFFFTPを使って「ads.txt」をアップロードする手順をご紹介していきましょう。

WPXユーザーがFFFTPでads.txtをアップロードするための手順

手順は何段階かありますが、方法自体は簡単ですので、ご安心いただければと思います。

まず、WPXのご自身の管理画面にアクセスします。

左サイドバーのタブが「サーバー管理」になっていることを確認し、「WordPress管理」の「WordPress設定」から「ads.txt」をアップロードしたいドメインをクリックします。

すると、該当ドメインの設定画面が表示されますので、「FTP設定」の「FTPアカウント設定」から「設定」をクリックします。

ごらんのように「FTP接続先フォルダ」が「/wp-content」になってますね。

「/wp-content」っていうフォルダは「public html」に格納されている一つ下のフォルダ階層になるんですね。

今回はこちらを変更するので、一番下の「メニュー」にある「設定変更」をクリックします。

設定変更ボックスが表示されたら、「FTP接続先フォルダ変更オプション」にある「全てのファイル・フォルダにアクセスする」のチェックボックスをオンにします。

チェックをオンにしたら、「設定変更(確認)」をクリックします。

「FTP接続先フォルダ」の設定内容が「全てのファイル・フォルダにアクセスする」に変わっているのを確認出来たら、「設定編集(確定)」をクリックして変更内容を確定させます。

これにより「全てのファイル・フォルダにアクセスする」で、サイトの直下のフォルダ、すなわち「public html」フォルダにアクセスフォルダを変更することができました。

では、次に「ads.txt」テキストファイル作成していきましょう。

「ads.txt」の作成方法

ads.txtの作成は、「サクラエディタ」や「TERAPAD」などのテキスト作成ソフトで行っていきます。もしこれらのソフトがなければ、Microsoftアクセサリにある「メモ帳」アプリでも大丈夫です。

ソフトを起動させたら、

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

※「pub-0000000000000000はご自身のサイト運営者ID」

を入力し、デスクトップなど分かりやすい場所に「ads.txt」のファイル名で保存します。

サイト運営者IDを確認する方法はこちらのGoogleヘルプ「サイト運営者を確認する」をご覧ください。

保存、オッケーですか??

ではでは、FFFTPでの「ads.txt」をアップロードをしていきましょう。

FFFTPでの「ads.txt」をアップロード方法

ここまでくればもう簡単。

FFFTPを起動させ、「ads.txt」を起動させたいホストを選択し、「接続」をクリックします。

先ほどWPXの管理画面で、初期アクセス先を「public html」に変更していますので、あとは先ほど作成、保存した「ads.txt」ファイルをドラッグ&ドロップでアップロードすればアップロードは完了です。

アップロードする際の注意

アップロードする際のドラッグする場所は「public html」内であれば、どこでも大丈夫ですが、ドラッグ場所がフォルダにならないようにだけ注意してください。

同じ階層にある「\wp-content」フォルダなどのフォルダにads.txtが入ってしまうと、設置場所がサイトの直下階層ではなくなってしまうので、ads.txtが反映されませんのでご注意を。

では、しっかりと「ads.txt」がアップロードできたか、確認してみましょう。

ads.txtのアップロード完了の確認方法

確認する方法は簡単です。Googleなどの検索エンジンを起動させ、検索ボックスに「ご自身のサイト名/ads.txt」と入力し、「Enter」キーを押します。

こんな感じで、先ほどのコードが表示されていれば設定はバッチリ完了です。

お疲れさまでした。

このように問題なく設置が完了すれば、大王からの警告文はしばらくすれば消えますのでご安心を。

ちなみに私は設置から、約半日くらいだったかな・・・

で警告文が消えておりました。

最後に

いかがだったでしょう。今回は、WPXユーザーがFFFTPを使って「ads.txt」をアップロードする方法についてご紹介させていただきました。

一からだとさすがに今回は数分ってわけには行かないかもしれませんが、手順に沿って進めていただければ、15分もかからず設定は完了するかと思いますので、是非やってみて下さい。

ちなみに、大王からの警告文を無視し続けてしまうと・・・

本当にアドセンスの広告配信がストップされてしまうみたいなんで、もしこんな内容の赤い警告がアドセンスの管理画面に出てたら、早めに設置しておくことをおススメします。

広告配信ストップはカンベンですもんね・・・。

では、今回はこの辺りで。今回の記事があなたのネット収益プロテクトのお役に立てれば幸いです。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

記事が役に立ったらクリックプリーズ(^^♪

おススメの記事

-アフィリエイトノウハウ, Googleツール設定や使い方など
-,

Copyright© 山ばりゅのウェブコンビニ , 2019 All Rights Reserved.